我が身の正し方

ワンコと暮らす人なら、ワンコに咬まれた経験はあると思うけど、


ワンコの仕事をしていて、咬まれる時って、相当にヤバイ咬まれ方。

動物病院で25年仕事をしていたから、
その相当にヤバイ咬まれ方をしたことが2回ある。

…ちょっと咬まれる事は、かなりあった…


1回は、保護したワンコが凶暴過ぎて、家族もさわれないワンコ。

毎年、予防注射をするんだけど、

だーれも保定ができないから、
私がやらなくちゃで、咬まれたわけ。

実は未だに歯の痕がある。


2回目は、これまた凶暴なチワワンコで、去勢手術の麻酔の時に襲われた。

左の中指に、チワワンコ釣れたー。
結構な痛手でした。

咬んだワンコが大っ嫌いになってしまい、もう会いたくもなかったし、

あちらも、私を見ると狂ったように歯を剥く。

なぜ⁇

それは…
ワンコも鏡。

私が持っていた恐怖心と怒りを(と態度の悪さを)


お前のココロは、こんなだろー‼︎

って、表していたんだな。

怖い思いをさせちゃったんだなぁ。


ワンコのフリみて、
我が身を正そう




50才からの愛犬🐾生活

50才も過ぎると、老後のことがちらほら氣になる。 でも、愛犬との暮らしが当たり前だし、 愛犬がいないと生きていかれないよ。 でも、愛犬と暮らすことで、 🐾病氣・怪我 🐾高齢になった時の世話  🐾医療費 🐾自分の健康  こんな心配もあるよね。 でも、私たちが幸せじゃないと、愛犬はもっと心配しちゃう。 愛犬のために強く美しく生きたい女性のための情報サイト&ブログ⭐️

0コメント

  • 1000 / 1000